脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症について

背骨には脊柱管と呼ばれるトンネル状の構造があり、その中を脳から続く神経の束が通っています。この管がさまざまな原因によって狭くなることを脊柱管狭窄症と呼び、管の中を通る脊髄や神経が圧迫されると手や脚のしびれ、歩行障害、排尿障害といったものにつながってきます。

脊柱管狭窄症の原因

脊柱管狭窄症の主な原因については、第一に加齢が挙げられます。このことから、誰でも発症しうる症状であることを認識すべきでしょう。

加齢によって骨が変形したり、背骨の周りの靭帯が厚くなったりすると、管が狭くなり神経を圧迫しはじめます。他にも、椎間板ヘルニアや、脊椎すべり症など背骨が変形する病気が原因となるケースもあり、事故などの突発的なダメージも原因のひとつです。

脊柱管狭窄症の症状

脊柱管狭窄症の症状については、代表的なものとしては手や脚のしびれや痛み、ツッパリ感、指の細かな動作のしにくさや歩行の不自由さなどとなっています。

放置することで症状が進行すると、運動障害が悪化するとともに、排尿障害などを引き起こす可能性が高まります。

脊柱管狭窄症でお悩みの方は当院にお任せください

当院ではカウンセリングの際、必要に応じて動作チェックなどを行い、痛む箇所と痛みの原因を把握いたします。これまでの施術実績から精度の高い診断と治療を提供し、患者様の痛みを改善していきます。ぜひ西八王子北口接骨院にご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

つらい身体の痛みや不調でお悩みなら
お電話かWEBフォームよりご連絡下さい。

西八王子北口接骨院

へのご予約・お問い合わせ